沿革

昭和41年 有限会社多摩精機設立
昭和43年 日野市下田に工場設立。
光科精機より8ミリカメラのファインダー筒の組立を月に3,000~5,000個受注
下田工場で量産態勢
昭和45年 HOYAレンズより部品加工を受注。
昭和46年 第一工場の土地を取得
HOYAの検眼機器の部分組立開始
昭和56年 第一工場完成(日野市栄町)
昭和60年 本格的にHOYA検眼機器の部品加工及び組立迄を一括受注。
昭和62年 開発部門設立
栄研化学との共同開発に着手
昭和63年 屈折視力検査機器2機種の生産開始
同時に第一工場医療用具製造業許可取得
平成元年 第二工場(日野市新町)で免疫化学分析装置の1機種目を生産開始
同時に第二工場医療用具製造業許可取得
屈折視力検査機器2機種を新たに生産開始
平成3年 免疫化学分析装置の2機種目を生産開始
屈折視力検査機器の最高級システムを
HOYAと共同開発、6機種目として生産開始。
平成4年 免疫化学分析装置の3機種目を生産開始
平成5年 視覚機能検査用機器の承認を経て1機種のみを生産開始
平成6年 免疫化学分析装置の4機種目を生産開始
平成7年 免疫化学分析装置の5機種目を生産開始
平成8年 屈折視力検査機器の7機種目を生産開始
平成12年 免疫化学分析装置の6機種目を生産開始
(OC-μ、OC-MICRO、OC-AutoMICRO80)
平成16年 第一工場、第二工場を八王子市宇津木町790へ移転し、宇津木工場として稼働
同時に医療機器製造業許可、第三種医療機器製造販売業を取得
平成19年 ISO13485 医療機器分野の品質マネジメントシステム認証取得
平成20年 移動式ディスクリート方式臨床化学自動分析装置(OCセンサーio)の生産開始
平成21年 微生物分類同定分析装置(LF-160)の生産開始
平成23年 前処理装置(Pure LAMP Heater)の生産開始

 


リンク





このページの先頭へ戻る